unnamed-4


今回は本当に難産な作品で。
「終わらないかと思った」むしろ「始まらないんじゃないか」という考えすら頭を過った公演でしたが、無事に始まり、無事に終わりました。


ひとえに、とても大きな志と技量と懐を持ったスタッフのみなさま、
いつも笑顔でいてくださった出演者のみなさま、
そしてなにより劇場まで足を運んでくれた方々のおかげです。


本当にありがとうございました。


初日が開け、二日目まではとにかく幕を開けることしか考えられず、どんな作品なのか捉えることもできずにただただ、突っ走っていました。
観てくださった方の感想を聞いて、「ああ、そんな観方もあるんだ」なんて教えてもらう日々で。


日々、劇場で、お客様と一緒に作品を作っていったという感覚でした。



今回の公演がはじまる直前、過去最高ってくらいに本気で演劇を辞めることを考えました。
特にこれっていう決定打があったわけではなく、唐突に、
ひとに向けて言っていた言葉がぜんぶ自分に跳ね返ってきた、みたいな。


『あなたは本当に舞台に立つべき人なの?』


っていう問いが、ぐさぐさって自分に突き刺さってしまったのです。


やるべき人、なんて、いないのかもしれない。
そんな考え方自体が間違いかもしれない。
間違いって思うことも、間違いかもしれない。

演劇は世の中に必要だっていう側面と、必要ないっていう意見と、どっちも理解できるから。
ある人にとっては必要で、別の人にとっては全然必要じゃないものだから。

やりたいっていう気持ちが前提だ、とは思う。
その気持ち一心でやってきた。


どんな仕事でもそうだと思うけど、すごく好きで、「やりたい」 って思ってたことが揺らぐことだってあるでしょう?


なんだか運悪く、いや、運が悪かったというよりは、本当に本当にいろいろなことが大変で。
公演直前にそんな波が重なってしまって、「本当にやりたいのか?」

っていう疑問に捕まってしまい、すぐに うん! って言えない自分がいて。

次第に、

やるべきに値するのか?


なんて問いに代わっていった。 


もちろん、わたしは舞台に立つべきだって思ってるから立ってきたし立ち続けているんだけど、
そのときはとにかく自信がなく、暗中模索みたいな気持ちで初日を迎えた。
ある種開き直って。
なるようになる!って気持ちで。
相手役はいなごだったので、いなごを信じて。
もう、初日はそのくらいしか拠り所がなかった。



舞台は、お客さんがいて初めて成立するものだと心の底から思った。
やるべきとか、いろいろ大変だとか、全部吹っ飛ばして最高にわくわくした。


わくわく・・・なんていうか、生きてる、みたいな?
とにかく、一瞬で思い出した。



なんだか簡潔になってしまうけど、そんな感じの言葉に尽きます。
公演期間は必死だったのであっという間だったけど、今振り返ると、確かに私はわくわくしたんだと思う。しかも、最高に。


舞台の上以外でも、
終演後、作品をみて涙をぼろぼろこぼしながらおつかれさまって言ってくれる人がいたり。
まやは続けるべき人だよって、里美さんが言ってくれたり。
座組のいろんな人が声をかけてくれて、
綱渡りみたいにして、沢山周りに迷惑をかけながらになってしまった公演でした。



本当に、ありがとうっていうことしか言えない。


公演終わってから、 すごく尊敬している人に、
「まやはもっと、相手とどうやるかっていうことを考えた方が良くなる」
「ひとりでやろうとしてできることは、もうないよ」

って言われて。 

『太陽とサヨナラ』のときにもほとんど同じこと言われてて。
「まやの芝居には相手がいない」って。


心底悔しくて、むかついたし、ずっとずっとその言葉が頭にあって。
独りにならないってこと、相手と一緒にやるってことをずっと考えてきたはずだったけど、
同じことを言われて。


あ、そっか。ってやっと腑に落ちて。


生き方だ、って。


多分、『太陽』のときに比べたら芝居は少しできるようになってると思う。
だけど、私の生き方はまだまだまだまだ独りよがりで、傲慢で、そう、そうなんだと思う。


だから、もっともっと良くなれる。


きっと、傲慢なのも勝ち気なのも捨てられないから、 せめて、独りよがりでなく。
相手のことを考えられるように。
シーンのことを考えられるように。
その先に、作品を背負える俳優があるんじゃないかな、とか。
作品を背負える俳優になるっていうか、作品を背負えるような生き方をするっていうこと。



『太陽』のときはよくわからなくてただただ悔しかった言葉が、1年半かけて、心の底から納得できました。


ふぅ。


だから、もうちょっと、続けていこうって今は思えます。


そんな、今日。

いつも応援してくれる人、助けてくれる人に本当に感謝。
ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。





小角まや