アマヤドリが去年くらいからちょくちょくやっている、大学訪問ワークショップ。
先日は早稲田大学のとある演劇サークルに行ってきました^ ^

わたしはもう6年聞き続けている、広田さんの言葉。

「相手を見なさい」
「自由でいなさい」
「演技するとは受け取ること」

ほとんどが初めましての大学生たちにどのくらい伝わったかな?なにか響くものはあったのかな?
とか考えながら、
今参加してるワークショップで私が言われてることもまったく同じだということに気づかされる。


『相手と関わる』『相手に頼る』『相手を助ける』ことの難しさを改めて痛感させられたのでした。
見せかけのお芝居、
例えば、

大きな声を出す、とか、
はっきり滑舌よく喋る、とか、
舞台に立つ、とか、
そういうことは少しはできるようになったけど、
私のお芝居はまだまだひとりなんだろうな、と。
自分だけでやろうとしてるんだろうな、と、思った。

難しい!
けど、腰を据えて、初心を忘れず、長い目で実力をつけていきたいと思いました!



----
久しぶりに通る早稲田の街はあまり変わってなくて、懐かしい気分⁂
早稲田では何人かの大切な友人と出逢えてそれがとっても財産だったけど、
あとはひたすら演劇ばっかりやっていて(笑)
もう少しサークルに入ったり、大学生をenjoyしておかなかったのがちょっとした後悔なのでした。


でも、ま、いっか*(^o^)/*
あまり過去を振り返らないタイプなので、これからの人生に目を向けて。
一歩一歩、がんばっていきます!


改めて早稲田大学、劇団木霊のみなさま有り難う御座いましたっ。
そして改めて、自分勝手な私を決して見限ることなくずっと向き合ってくださる広田さん、
受け入れてくれる劇団のみんなに感謝です。


小角まや